くるくる3Dデモ


ケータイの画面上で、3Dの何かがくるくる回ります。 キー操作で視点も動かせます。
もともとはau版だけでしたが、docomo版も作りました。Javaアプレット版も作ってみました。

スクリーンショット 2画面モード

開発動機

auケータイのオープンアプリプレイヤーの環境には3Dのライブラリが用意されてない

せっかく用意されてないのに、なぜか誰も補完しようとしない

じゃあやってみるか


対応機種

(au版) オープンアプリプレイヤーが搭載されている機種
(docomo版) DoJa-4.0プロファイル以上に対応している機種(ただし動かない機種もあるかもしれません)

Web上で試してみたい方向けに、Javaアプレットにしてみました。 こちらのページ


ダウンロード

バイナリ:
(au版) オープンアプリ実験棟からダウンロードしてください。 オープンアプリ実験棟

(docomo版) iアプリ実験棟からダウンロードしてください。 iアプリ実験棟

ソース:
(au版) v1.0.1
(docomo版) v1.0.1
(アプレット版) v1.0.0

ソースアーカイブにはMercurialのリポジトリを丸ごと含めているので、Mercurialを 導入している方はソースの変更履歴を追跡できます。


操作

↑キー:上を向く
↓キー:下を向く
←キー:左を向く
→キー:右を向く
1キー:左に傾く
3キー:右に傾く
2キー:近づく
8キー:遠ざかる
0キー:元の位置に「うにょっ」と戻る

*キー:1画面モード
#キー:2画面モード


ライセンス

NYSL Version 0.9982の下で公開しています。


参考にしたもの

書籍

金谷 一朗 「3D-CGプログラマーのための実践クォータニオン」、工学社、2004年、ISBN4-7775-1031-X

床井 浩平 「GLUTによるOpenGL入門」、工学社、2005年、ISBN4-7775-1134-0

金谷 一朗 「3D-CGプログラマーのためのクォータニオン入門」、工学社、2004年、ISBN4-7775-1016-6

Web

http://3dinc.blog45.fc2.com/blog-entry-392.html (gluLookAt)

http://www.manpagez.com/man/3/glFrustum/ (glFrustum)

http://marupeke296.com/FBX_No7_UV.html (ライティング)

http://marina.sys.wakayama-u.ac.jp/~tokoi/?date=20051007 (ライティング)

http://f4.aaa.livedoor.jp/~pointc/203/No.7397.htm (非再帰版マージソート)

http://garugari.jugem.jp/?eid=433 (平方根の逆数の高速化)

http://niffy-you-nats.hp.infoseek.co.jp/iappli/LunaMath.java (平方根の逆数の高速化、Java版)

http://www.yamagami-planning.com/soft/optimize/optimize01/ (三角関数のテーブル化)


履歴

(au版)
1.0.0
・正式版
1.0.1
・操作説明を表示している時の挙動を修正

(docomo版)
1.0.0
・正式版
1.0.1
・操作説明を表示している時の挙動を修正

(アプレット版)
1.0.0
・正式版


ということで

オープンアプリプレイヤー向けに3Dのゲーム作る人とか出て来ないかなー

counter


ケータイJavaアプリへ戻る  トップページへ戻る