生活一口メモ

実践すると楽しくなれるかも知れませんが、なれないかも知れません。


セールス・勧誘電話の切り方

素性も分からぬところからかかってくるセールスや勧誘の電話、 まともに対応していたらひたすら面倒くさいけど、一方的に「ガシャン」 と切るのも角が立つ…とお困りの方、こんな方法はどうでしょうか。

まず、相手の話を素直に聞くそぶりをします。そして、「えぇ…そうですねぇ …でも…」などと相づちを打ちつつ、適当なところで『自分がしゃべりながら』 (ここがポイント)おもむろに電話を切ります。切ろうとしていることを相手に 悟られないように、うまく平静を装ってください。

相手の話を聞かずに電話を切る人はいても、自分がしゃべりながら 切る人は普通いないので、電話の向こうの相手は「いま何が起こった!?」と 慌てたり不安になったりするかも知れませんが、少なくとも角は立たずに 済むかと思います。

ちなみに、私は一度だけ本当に実践してみたことがあります。 あの時のお姉さん、もしこれ読んでたらごめんなさい。


細切れ時間の上手な使い方

簡単です。

  1. 細切れ時間はきっと来ると予測し、前倒しで夜などに時間を使う。
  2. すると睡眠時間が減る。
  3. 細切れ時間が来たら、睡眠に充てる。

小読み物へ戻る  トップページへ戻る